シェフ(職人)

果物や小麦粉、卵、牛乳...素材のおいしさを生かした、
からだに優しいお菓子を心をこめておつくりします。

ラ・テール洋菓子店
中村 逸平グランシェフ(Ippei Nakamura)

私がお菓子の仕事に最初に関わったのは、小学生のころ。
働いて稼げるわずかな賃金で家族を助けるためでした。
「お菓子づくりはお金のため――」そんな思いも何年と続けるうちに、「自分の一生の仕事としてこの道をとことん極めた い」という思いに変わり、いつしか夢中でお菓子をつくり続けてきました。

フランスやウィーン、ドイツ菓子、そして和菓子と、携わってきたお菓子もさまざまでしたが、私が「ラ・テール洋菓子店」を オープンする時、一番に考えたのは、「ジャンルにとらわれない、本当にお客様が求めるお菓子をおつくりしたい」という こと。そしてたどり着いたのが「からだに優しい、安全なお菓子」でした。

私たちのお菓子は、素材こそが主役。
そして、作り手の都合ではなく、お客様にとって一番おいしいケーキを作るためにはどうすればよいか、ということを常に 考えています。

例えば、果物はできるだけ旬のもの、そして安全なものを使います。全国の各生産者から、安全でおいしい果物を分けて いただき、試作を重ねてそのおいしさを最大限に引き出すお菓子に仕上げる。その努力を、私たちはいといません。
そうして旬と素材の味を何よりも大切にしてつくったお菓子を作りたての状態で食べていただきたいと思っています。

「日々、お客様に感謝、仲間に感謝、素材に感謝、家族に感謝しよう。」 スタッフとそんな話をしながら、お菓子をつくり、 販売を行っています。
ラ・テールでは、そんな感謝の気持ちを大切にしながら、子どもたちに夢を与えられるお店をつくっていきたいのです。
どうぞ、私たちが心をこめておつくりしたお菓子をお楽しみください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ラ・テール洋菓子店 シェフ
バクサ 裕子(Hiroko Bacsa)

「一児の母親として、「母の気持ち」で体と心にやさしいお菓子づくりを。
そして温かいお店づくりを」

>>コメントを読む

洋菓子製造部長
池田 義行(Yoshiyuki Ikeda)

「チーム"ラ・テール"をまとめるリーダーとして
"愛"と"笑い"でチームを引っ張る!」

>>コメントを読む

商品開発責任者
栗原 清(Kiyoshi Kurihara)

「子供からお年寄りまで、皆幸せな気持ちで買いに来る洋菓子店は
自身も幸せになれる尊い職業」

>>コメントを読む

濱田 舟志スーシェフ(Shuji Hamada)

「フランスなどでの経験を糧に、さらに次のステップへ。
オールラウンドな職人を目指して、コンクールにも意欲的に取り組む」

>>コメントを読む

田沼 健一(Kenichi Tanuma)

「ジャズ一筋から、パティシエの道へ。
節目に出会った、中村シェフの言葉に導かれて」

>>コメントを読む