シェフ(職人)

「お客様に喜んでもらえる、ラ・テールならではのパンをお届けしたい!」 それが、私たちの一番の願い。
ブーランジェ(パン職人)、販売スタッフ、全員で力を合わせ、笑顔があふれるお店を作り上げます。

ブーランジェリーラ・テール
後藤 哲享シェフ(Tetsuaki Goto)

「将来は何か手に職を付けたいーー」漠然とそう思っていた中学生のころ、
パン職人はその候補のひとつでした。 ですが、高校生3年時の担任の先生が製パン専門学校のパンフレットを持ってきてくれたことで
僕は偶然にもパンの道に進むことになりました。

当時の僕はかなりのヤンチャ者で、「お前がパンかよ」って同級生からも笑われるほど。
でも実際に学校に入ってみると、先生の佇まいにどことなく自分と同じものを感じて(笑)。
そこから興味が湧いて、どんどんパンの勉強にのめり込んでいきました。

そして地元名古屋のパン屋へ就職。そこからの11年間が、まさに僕のブーランジェとしての基礎となっています。毎日毎日、無我夢中でパン作りの奥深さを学んだことはもちろん、
熱く、厳しいシェフのもと、パン屋として、人間としてどうあるべきか、 どう成長していかなければならないかを突きつけられ徹底的に考え続けた日々でした。

そして新たな環境を求めてラ・テールへ入りましたが、僕の決心の決め手になったのは、面接の時の小林マネージャーの一言。
「私たちは、パンを作るだけでなく、常に人として成長していかなければならない」。
ここでなら、と安心してラ・テールに加わることが出来ました。

――そして、2013年4月からシェフを務めることになり、僕が目指すのは「ラ・テールをもっともっと"強いチーム"にすること」。製造スタッフだけでなく販売スタッフも含めて、人のつながりやコミュニケーションの濃度を、今以上に強めたいんです。
皆が信頼し合って働くパン屋――、その空気感はお店に並ぶパンの味にも必ず反映されると思っています。

スタッフ全員が心をひとつにし、お客様の気持ちになってこそ、作り出せるパン。
「ラ・テールのパンは、ひとつひとつが温かい」
そんな風に感じていただけるパンをお届けしていきます。
皆様のご来店をお待ちしています。

ブーランジェリーラ・テール 商品開発責任者
森田 政士(Masashi Morita)

「素材にこだわるパンづくりの面白さを追求して――。
生産者との信頼関係のなかで、ラ・テールらしいパンを作っていきたい」

>>コメントを読む

ブーランジェリーラ・テール
根津 義紀スーシェフ(Yoshinori Nezu)

「販売スタッフの素敵な笑顔や職人の真剣な眼差しに惹かれて――。
ホテルでの経験を生かした"強いパン"を」

>>コメントを読む

栗原 成晃(Masaaki Kurihara)

「石窯のビジュアルに惹かれてラ・テールへ。
大量の仕込みをこなしながら、新商品の開発にも挑戦中!」

>>コメントを読む

永井 貴之(Takayuki Nagai)

「ラ・テール初!洋菓子店のパティシエからパン屋のブーランジェへ転身
理想を追い続けるラ・テールのスタイルを、パンでも追求したい!」

>>コメントを読む